=================================食品安全教育研究所発行=

■■ 工場管理の本質とは
■■■                  2018年1月14日発行 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
おはようございます。河岸です。
 工場管理とは何か考えた事がありますか。
 体調管理であれば、体重、体温など数字が明確になります。
 工場管理の体重は何になるか考えてみませんか。

●食品に関する質問、工場健康診断などの連絡は下記からお願いします。
 http://form.mag2.com/rouvoviami

● #河岸宏和 のセミナーの案内です。
2018年1月29日 月曜日
 東京(日本能率協会・研修室)
食品製造現場の「運営管理・指導・教育」実践セミナー
参加料 34,000円
申し込みは下記からお願いします。
 https://school.jma.or.jp/products/detail.php?product_id=100649
みなさんお待ちしています。

● #河岸宏和 の 大阪セミナーの案内です。
2018年1月30日 火曜日 10時〜17時
品質トラブル、クレームの未然防止策
食の安全を守る品質管理のやり方を解説します
 http://ja8mrx.o.oo7.jp/2018jan30.pdf
 https://www.opmia.or.jp/seminar_entry?post_id=3280
みなさん お待ちしています。

●私 #河岸宏和 のセミナーの案内です。
食品製造工場における各種異物の混入防止
2018/2/2(金) 10:00 〜 16:30
連合会館 (東京・お茶の水)
 http://www.thplan.com/seminar/18002/

●私 #河岸宏和 のセミナーの案内です。
“食の安心・安全”を確保するための
製造工場の点検と監査のポイント
【日 程】 2018年2月8日(木) 13:00〜17:00
【会 場】都内都心部で調整しております。
【受講料】29,980円(税込/テキスト付)
 https://www.tech-d.jp/food/seminar/show/3306
 食材、OEM等の仕入れ先工場の監査方法について解説します。
みなさん、お待ちしています。

●食品工場診断について
 車に車検制度、人間に定期健康診断制度があり、大きな事故、
病気になることを未然に防いでいます。
あなたの工場、従業員の管理状況の健康状態を検査してみませんか。
 http://ja8mrx.o.oo7.jp/koujyousinn.pdf
 #河岸宏和 #食品安全教育研究所

====================================================
★☆ ====================
 工場管理の本質とは
===========================
数値管理の本質とはなんでしょう

はじめに、あなたの体調管理で考えてみます。
 体温、血圧、血糖値、様々な血液検査、体重コン
トロールといろいろなデーターで管理ができます。
 管理している数字を、毎日手帳に記入することに
よって、自分の体調管理ができるのです。毎年行っ
ている健康診断の結果も同じ手帳に記入することに
よって、コルステロールの変化、肝臓の変化を見る
ことができます。

工場の管理では

数値管理の基本を上げると、

予算管理
生産管理
品質管理
 この三点に集約されると思います。
 この三点の管理を十分に行うために、あなたはそ
れぞれの管理を任せる立場の人間を作り上げていま
すか。
 すなわち 
 予算管理の責任は誰々
 生産管理の責任は誰々
 品質管理の責任は誰々と、責任ある状態にしてい
ますか。

 

1どんな数字が期待されているか明確になっているか
 体重なら80kg以下とか

2毎日の数字がわかるようになっていますか
 毎日の体重計の数字がわかるようになっていますか。
 よく情報を与えずに何をしているんだと責めること
がよくあります。毎日数字が出てくる仕組みが本当に
できていますか。

3毎日の数字を調整する手段が与えられていますか。
 毎日走るロードランナー等があるか、食事制限とう
の情報があるか等々。
 それぞれの数字について、次の点が明確になってい
るかが、更に必要になります。
 測定方法 → 夕食前に体重計ではかる
 管理点  → 80kg以下
 ここまで明確になると、一目でわかるようにするこ
とが、管理する点で一番重要な事になります。
 体重であれば、一番簡単な管理方法は、グラフを体
重計のそばに貼って、毎日グラフをつけることが、大
切なんです。こうのように、書くと工場管理はものす
ごく簡単に思えますが、工場の管理を、体重の様に、
わかりやすい数字でどのように表すか、また、その数
字をどのように測定して、どのように毎日管理するか、
真剣に考えると頭が痛くなるはずです。
 毎日工場の体重が測定できて、グラフ化ができれば
工場管理はほとんどできたようなものです。
 ただ、注意しなくてはいけないのは、80kg以下
と言うような管理点を、決めるのは担当者ではなく、
必ず上司が設定しないと、どうしても甘い管理点が、
設定されてしまいます。
 測定についても、担当者にまかせきっりにすること
なく、本当に測定が正しくできているかどうか、確認
する必要があります。                 
     

私のお話が皆さんの工場管理を、耕し続けるヒントになれば幸いです。
★☆ ========== いろんな 人に 勧めてください ================
私、河岸宏和の教育の依頼は 下記のページの
 「連絡先」から お願いします。
 http://ja8mrx.o.oo7.jp/kouennira16.htm
●クレームのない、生産効率のいい工場の設計の相談に乗ります。
●河岸宏和の講演、セミナーなどの依頼はこちらからお願いします。
 いままでの実績も纏めてあります。
 http://ja8mrx.o.oo7.jp/kouennira16.htm

HP「食品工場の工場長の仕事とは」主催 品質管理 生産管理 河岸宏和

ご意見はこちらから

工場長の仕事TOPへ

Twitter http://twitter.com/ja8mrx

facebook  http://www.facebook.com/ja8mrx